News・時事 お役立ち

店舗は加湿器とWi-Fiは導入しておいたほうがいい

コロナウィルスが大流行してコロナ禍、コロナショックと言われるほど経済にダメージを与えたが、5月25日に緊急事態宣言を解除。

 

今後の行方を個人的に想定してみた
飲食店などの店舗系のお店のダメージが大きいと思う。
理由としては

  • 補助金や給付金が出たとしても一過性のもので、継続的ではないこと。
  • 返さなくても良い補助金が入ってきたとしてもそれは投資に回せないお金が大半。
  • 2ヶ月3か月で立ち直れるというケースがすべてではなくここでも今後勝ち組負け組の格差が起きるかもしれないということ

さて、今の現状の中どうやって集客をすればよいのだろう?
少し冷静になって考えてみた。

ユーザーはお店の中が密になったり安全なのか?安心して食事ができるのか?など不安要素をたくさん抱えている。
解りやすく言えばコロナに凄く恐怖心を埋め込まれ怯えている状態だ。

 

そこで、一斉に店主などが心掛けて工夫や苦労しているのが、
店内の除菌抗菌対策、換気、お客様の手にアルコールや次亜塩素水を噴霧など。
当然労力も時間も余分に取られる仕事だ。

 

そこで思ったのが加湿器だ。
もうすでにされているところもあるようだが、注意喚起もかねてあえてご説明します。

加湿器を店頭に置くメリット

加湿器のメリットとしては、いちいち来店されたお客様の手に除菌剤をに噴霧しなくていい(手間が省ける)

除菌剤を希釈して噴霧するので常に空間除菌や空間消臭ができる。しかも効率よく安全。

店頭ということもあり外部からのウィルスや菌の流入を防ぐうえに、視認効果で見込み客の心理をやわらげ入店しやすくする
※「加湿器にて常に除菌中」などにPOPや立て看板があれば尚、効果的!

液剤にもよるが、タンクの中もヌメリやカビが生えにくくきれいな水を噴霧できる。店内も抗菌されカビが生えにくい=嫌な臭いもしなくなる
※通常の水道水のみでは衛生的にも悪くカビやバクテリアが発生した水を撒くことになるので本来はとても不衛生であることが多い。

今の時点の集客は価格でもなく「箱」の問題
安心して入店あるいは食べることのできるお店

 

加湿器を店頭に置くデメリット

設置場所に困る場合がある

混ぜる液剤には十分の注意が必要
※次亜塩素ナトリウムや次亜塩素酸系の液剤は特に注意が必要。

メリットが多すぎて比較にならない(笑)

加熱式よりも超音波式のが故障もしにくいのでおすすめ

 

といった感じである
お客様を入店させる業態のお店は是非お勧めします。

 

 

 

Wi-Fiを導入しておこう

お急ぎなら、まかせて安心。【オフィス光119】

コロナ禍でよく耳にするようになった

テレワーク

当然皆さんもご存じだと思うが、サラリーマンなど
企業務めをされている方以外ではあまり関係ない方も多いのでは?

 

ただ、今後はお店のオーナーをされている方たちにとっても
かかわりが出てくる要素でもある。

 

というのも、このテレワークによって
必要以上に会社に行かなくても働けるということが浮き彫りになり
企業間では今までと違った角度で働き方改革が進んでいくと思われるからだ。

 

例えば、外出先でやお店などでも少しの時間ビデオ会議が出来ればOK。
また個室などならば、スムーズに会議ができるので時短で出来る。

上記はユーザー目線

 

それに対して、
店舗などは予約制などにすればその時間の確保と食事の提供が出来るため顧客獲得ができる。
これがある程度システム化できれば集客の安定化や下限値を抑えることもできるかもしれない。

 

上記は具体例だが
今後、このテレワークによってPCやITデビューとなった人たちも相当多くいると思う。
よりスマートフォンやタブレット、PCを外出先で使うことになる。

そこで問題になってくるのが「Wi-Fi」である。

 

Wi-Fiのネット環境が大切

 

ネットユーザーはWi-Fi環境が整っているところの場所を好む
理由としては無料でネット回線が利用でき自由に検索したりSNSへ投稿したりできる「場所」を必要としているからだ。
それが、カフェであろうが居酒屋であろうがレストランであろうが、Wi-Fiが使えればいいということ。
ということは、お店で集客するにはWi-Fi環境は必然的に整っていたほうが良いということだ。

 

お店の人たちはいつもそのあたりのインフラに関しては経費の問題もあって自分目線で見てしまいがちだ。
少量の月額で、集客できるのであれば1人か2人くれば一瞬でペイできるにもかかわらず。

 

Wi-Fi環境が整っていてどのキャリア(端末)でも繋がるお店です!
これ当たり前のようで結構当たり前にできていないお店多いです!
店主の方がWi-Fiの事あまり知らないので、飛んでいればどれでも繋がると思っている人とか通信速度が早い遅いとか知らない人がほとんどだと思う。

 

例えば、ソフトバンクのWi-Fiを加入していれば、そこではソフトバンクユーザーしか接続することが出来ない。
また、一度にたくさんの人たちがWi-Fiを繋ぐと電波通信量が一時的に増えよく画面ががグルグル回る状態が続く接続が出来なくなってしまう。

 

 

ここで
なぜうちがそこまでしないといけないのか?
と思われている方は申し訳ないが「残念さん」である。

 

今後、ネットはさらに便利になりとても考えられない次元で発達していく。
例えば、お店に行くための送迎手段。飲酒運転ができない今となっては車を持つ価値を持つ人も少なくなってきている。
LINEタクシーなどで呼ぶことが出来れば、どこにいても困ることはない。
じきにタクシーもサブスクリプション(月額制)のところが出てくるかもしれない。

 

ネットが当たり前のように使える
ユーザーへの配慮はお店としてあったほうが良いと思う
そんな時代へ来たんだすよと言いたかった
今回のつぶやきでした。
 


お急ぎなら、まかせて安心。【オフィス光119】